スズキ・サーチ管理ブログ

2010年10月31日

新型ソリオ・・・こう来ましたか〜

スズキのお店で新型ソリオ12月デビューの予告パンフレットを発見。

SOLIO2010-1.jpg
SOLIO2010-2.jpg

かつてのソリオはワゴンR(MC)をベースにストレッチして小型車規格にしていたもので、同じ車がインドでは「Wagon-R」として、ヨーロッパでは「OPEL Agila」として販売されていました。
それがインドでは、現行ワゴンRをベースにした仕様にフルモデルチェンジし、「OPEL Agila」はスプラッシュをベースにした車にフルモデルチェンジしていました。

日本国内では、スプラッシュがソリオの後継と位置付けられてはいないようだったので、当然、インド仕様の「Wagon-R」と同様、現行ワゴンRの小型車版になるのだろうと思っていましたが・・・。

この外観は、いわば「パレット・ワイド」もしくは「パレット・プラス」とも言えるクルマですね。
前後サイドドアは明らかにパレットと共通ですが、足回りはスイフトをベースにしたもののようで、安易に軽四をストレッチしただけのものでは無さそうです。
ドアパネルは共通でも、Aピラーの傾斜を変えてボデイ同色にし、Cピラーもテールレンズ埋め込みではなくブラックアウトにするなど、外観でパレットとの差別化を図る意図が伺えます。
特に印象的なのはテールランプ。

SOLIO2010-3.jpg

ブラックアウトのCピラーにこのデザインのテール・・・別のイニシャル“S”な会社の看板ステーションワゴンみたいですね。


気になるのは価格・・・。
「安い」が売りだった旧ソリオと同価格帯はさすがに無理でしょうね。
タグ:ソリオ SOLIO
posted by Lazy Laby at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマの話

2010年10月26日

携帯電話ホルダー

今更ながら・・・ですが、携帯をiPone4に機種変更しました。
32MBは1週間待ち、との事でしたが、実質4日ほどで届きました。

今までは、充電コードを繋いだ携帯電話はドリンクホルダに放り込んでいましたが、iPhoneにはせっかくGPS連動のMAPが搭載されているので、活用できる搭載方法はないものか?と思っていたら、アプライドでこんなものを発見。


iPhone_Holder-01.jpg

カー用品店で売っている同じような商品は、FMトランスミッター機能付きでもっと高価で、見た目も安っぽいですよね。
FMトランスミッターは必要ない自分にとっては、この価格でこの出来なら十分です。

さっそくスイフトに取り付けてみました。

iPhone_Holder-03.jpg

iPhone_Holder-04.jpg

価格の割に、重厚感のあるしっかりした造りではありますが、シガーソケットだけで支える構造なので「カチッと着く」ものではありません。

iPhone_Holder-05.jpg

iPhone4を取り付けるとこんな感じ。
エアコンのスイッチの邪魔にはなりません。
でもドリンクホルダーやコンソールボックスは、かなり使いにくくなります。

この状態でiPhoneをタッチすると、押されて後ろに下がってしまいます。
シガーソケットで支えているだけなので仕方ないですが…。
なので操作するには、1本の指で本体の背面を支えつつ、別の指でパネルをタッチしなければなりません。
とはいっても、停車中に少しいじる程度ならそんなに不便じゃないかも…。

とりあえず、しばらくこれを使ってみます。


posted by Lazy Laby at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマの話